けせんの野鳥---ゴジュウカラ

戻る

元の北里大学を過ぎて小壁漁港に向かう道路から海に下る斜面には 落葉広葉樹林が多くあり、そこでこの小鳥と出会いました。 木の幹を縦横無尽に動き回り餌となる虫などを探していました。 日本で唯一、木を真っ逆さまに歩ける鳥とのことです。 上面は青灰色で顔には黒い過眼線が口ばしから目、そして後頭部にあります。 平地では滅多に見ることはなく山地の林にいるので、なかなか見る機会は少ないと思います。
整理番号:198 写真画質:中
整理番号:198a 写真画質:低
整理番号:198b 写真画質:低