けせんの野鳥--ヒバリ

戻る

春告げ鳥の代表格。 陸前高田のかさ上げ予定地には多くのヒバリが競うように鳴き続けていました。 地味な外見ですが冠羽という頭頂部の長い羽が立ち目印となります。 フォバリングしながら鳴き続け徐々に100メートル以上まで舞い上がり、それを繰り返します。
整理番号:340 写真画質:高
整理番号:340a 写真画質:中
整理番号:340b 写真画質:高