ケセンの野鳥--イカルチドリ

戻る

気仙地方では冬に見ることができます。ほかのチドリにも見られる特徴の 一つに疑傷という行為があります。ヒナを抱いている巣に外敵が近づくと親は傷ついた ふりをして羽をばたつかせながら巣から離れて行きます。自ら身の危険を冒してヒナを 守るのです。ヒナは小石のようにじっとして動きません。このようにして弱い存在ですが 生きていくことができるのです。
  
整理番号:041 写真画質:上
整理番号:041a 写真画質:上
整理番号:041b 写真画質:上