けせんの野鳥--カワウ

戻る

普段は黒褐色ですが、繁殖期になると最も左の頭部が白い個体の ような婚姻色が現れ、美しく変化します。羽を広げて立つ姿をよく見かけますが、 羽に油分が少ないため水を吸収しやすく乾かしているとのことです。 ウミウと比べ背羽は茶褐色です。また、目の下にある黄色い部分は、ウミウと比べ丸く 大きくなっています。岸壁や岩礁にいるのがウミウで、河口や淡水部にいるのが本種と言えます。
整理番号:130 写真画質:高 
頭部が白くなっているのは繁殖期特有の婚姻色になっているため。
整理番号:130a 写真画質:高
整理番号:130b 写真画質:高
整理番号:130c 写真画質:高