けせんの野鳥--ノビタキ

戻る

  気仙地方では春と秋の渡りの時期に旅鳥として会うことができます。 オスは顔が真っ黒なのが特徴です。メスは全体が明るい茶色です。ノビタキと名が付いていますが ヒタキ科ではなくツグミ科です。ヒタキ科は脚が比較的短いのに比べてノビタキは脚が長く 強いためツグミ科に分類されるのだそうです。風が強い日でしたがその強い脚で枯草の幹を しっかりつかんでいました。
整理番号:310 写真画質:高
整理番号:310a 写真画質:中
整理番号:310b 写真画質:中
整理番号:310c 写真画質:高
整理番号:310d 写真画質:高